大阪府貝塚市:3つのホールを持つコスモスシアター中ホールの舞台機構

HOME > コラム&レポート >中ホールの舞台機構
コスモスシアターの魅力 

【中ホール】変幻自在!多目的に対応する舞台機構


コスモスシアターの中ホールは、コンサートホールから、展示会やパーティースペースへとまさに変幻自在。その秘密は、吊式反響版とロールバックチェア、舞台のフラット機能にある。
今回は、中ホールの舞台機構をご紹介しよう。

舞台上の3スタイル

中ホールでは、吊式反響版を設置することでアコースティックコンサートなどにも対応できるほか、 舞台部分をパネルで囲うこともでき、その機能と見た目を一変させる。
※舞台パネル囲いは、舞台をフラットにした場合のみで通常の舞台仕様では不可。
  • 通常舞台設定
  • 吊式反響版設置時
  • 舞台パネル囲い

ロールバックチェアで客席の半分を収納

中ホールの客席は、下半分が2階客席の下部分に収納できるようになっている。
どうやって収納するのかとその様子を見てみると、これがなかなか面白い!
Step1)椅子の背がパタパタと倒れて平に 
Step2)順番に上の座席の下に入っていく
(下の写真は、舞台を下げて座席とフラットにしている)
  • Step1)スタート→
  • Step1)進行中→
  • Step1)完了
  • Step2)スタート→
  • Step2)進行中→
  • Step2)完了
座席が収納されることで、コスモスシアターの入り口から段差なく入ることのできるフラットなスペースが生まれる。 このスペースを客席に利用して、車イスやお身体の不自由な方でも使い易い客席を設定することも可能だ。 中ホール バリアフリーイベント「Be in Voices ライブ」レポート

舞台が前・中・後3つに分かれて自在に高さ調節。完全フラットにも!

中ホールの舞台は、前・中・後3つに分かれて自在に高さ調節ができる。
(下の写真は、座席を収納している)
  • 通常の高さ
  • 3分割高さ調節
  • 客席と同じ高さ
利用内容に合わせ舞台全体を低めに設定したり、下まで下げると客席と同じ高さの完全フラットにもなる。
更に変化の幅を広げるのは、前・中・後3つに分かれて自在に調節できること。 階段状にしたり、前だけ下げて舞台の奥行きを狭くすることもできる。

多目的なフラットスペースへ

座席のロールバック機能・舞台のフラット機能を使い、座席の収納部分と舞台にパネルを設置することで、四角いフラットなスペースに。
  • 舞台側
  • 客席側
こうしてできた大容量フラットスペースは使い勝手が良い。
展示会会場などの他、パーティースペース(客席部分のみ飲食可能・アルコール提供不可)など様々なイベントに活用できる。

ページトップに戻る

おすすめ記事Pick Up

【大ホール】残響可変装置で残響時間を調整。録音に真価を発揮。
【中ホール】変幻自在!多目的に対応する舞台機構
コスモスオリジナルミュージカル Stand By Me 2017 レポート